monologue

2017年大晦日

c0214810_18201091.jpg
気がつけば2017年も終わりですね。
このブログを見てくれている皆さん、全く更新しなくてごめんなさい。

今年はどんな一年でしたか?
私は公私ともに怒涛のような一年でした。

様々なことが大きく変わったはずですが、それでもその瞬間瞬間に、それを受け止め自分のことになっていくので、その変化もしっかりと馴染んでいるように思います。

来年はどんな年になるのでしょうね。するのでしょうね。
大事なことを決して見失わないように。思いやりを持って暮らせますように。

皆さん、今年も大変お世話になりました。良い年をお迎えください!

# by mmsysk | 2017-12-31 18:18

ふたつ良いこと

c0214810_00591676.jpg
もうかれこれ20年以上前に、母親から教わった言葉で、
「ふたつ良いことはない」というものがあります。

人生山あれば谷あり、はたまたプラスマイスナスゼロ。ひょっとして栄枯盛衰。他にもいろいろ。

相反するものが共存していたり、多くを望んではいけないとか、一面だけ見て判断するなとか。他にもいろいろ。

何だって多面体。だけど、それを捉えるのは、いつだって一人称。

今も、というか、今こそ改めて、多くを教えてくれる言葉のように思います。
年々、あれこれややこしくなっていく人生をフラットに戻してくれますね。

いやなに、悩み事を抱えた独り言ではないですよ。
ありふれた日常を取り逃がさないように。

写真は静岡県のとある駅にて。
単線の電車は譲り合いながらまっすぐ進みますね。

# by mmsysk | 2017-04-09 20:00

時を刻む時

c0214810_20211586.jpg
2009年春、前年の仕事がありがたいことにうまくいったことを祝い、仕事仲間たちと記念に腕時計を買いました。

機械式のもので、それまでに身近にあった時計とは一線を画す、いろいろな意味で重みのあるものです。

仲間たちと一緒に連れ立って買いに行き、それぞれが目星をつけていたものを購入し、その夜にみんなで焼肉を食べに行きました。慣れない重みを左腕に感じながら。

この腕時計に似合う人間になろうと、改めて仕事にまっすぐと向かって行けたように思います。

それから時が経ち、少し調子が悪くなったり汚れてきたりしたその時計を、今日、オーバーホールに出しました。

戻ってくるのは1ヶ月以上先になるとは思いますが、あの時の想いを忘れないように、また新たに刻んで行けるように、ちゃんと重みを感じる日々を送りたいと思ってます。

写真は、仕事場近くの鳩森神社にて。桜は綺麗ですが儚いですね。あっという間に暖かくなりそうです。

# by mmsysk | 2017-04-02 23:20